欲求5段階説とは?ビジネスシーンでも使える!

キャリアコンサルタント
キャリ美
キャリ美

マズローの欲求5段階説ってなんですか?

ブチオ
ブチオ

欲求5段階説とは、人間の欲求を5段階に分類した理論です。人間は低次元の欲求が満たされれば、さらに上の高次元の欲求を満たすために行動します。ビジネスシーンでも活用できるとても重要な理論です。

キャリ美
キャリ美

もっと詳しく教えてください。

ブチオ
ブチオ

欲求5段階説を詳しく説明してきますね。
※最後にキャリアコンサルタントとしての活用方法もお伝えします。

マズロー欲求5段階説

欲求5段階説は、アメリカの心理学者マズロー(Maslow,A.H.1908-1970)が提唱しました。

人間の欲求は、5段階のピラミッドになっており、低次の欲求が満たされると1段上の欲求を目指し、より高次の欲求を満たそうとする理論です。

マズローの人間観は?

マズローは「人間は生まれながらにして、より成長しよう、自分の持てる力を最高に発揮しようという、自己実現の動機付けを持つ存在」という考え方に立った人間観を持っています。

ブチオ
ブチオ

「人間は自己実現するために行動を起こしている」
ということですね。

自己実現を目指していると、その過程で様々な欲求がでてきます。
その欲求は人間であれば誰にでもあり、5段階で分けることができます。

それが欲求5段階説です。欲求5段階説を図で表すと下記のようなピラミッド型になります。

欲求5段階説を詳しく

5つの欲求を1つずつ詳しく説明していきます。

生理的欲求

生きるために最低限必要な欲求です。
・食べたい
・寝たい

安全の欲求

生きるなら安心・安全・安定を確保してより良くなりたい欲求です。
・安全な場所で生活したい
・安全な物を食べたい

愛と所属の欲求

人間は一人では生きていけない、誰かと繋がっていたい欲求です。
・集団に所属したい
・自分の居場所が欲しい
・仲間が欲しい
・人を愛したい、愛されたい

承認欲求

自分の存在を認められたい欲求です。
・他人から認められたい
・他人から尊敬されたい
・他人から褒められたい

自己実現欲求

自分の能力を最大限に活かして、あるべき自分になりたい欲求です。

人はこの自己実現を目指していきます。
補足ですが、自己実現のさらに上には「自己超越欲求」があります。
自分だけでなく他人の為に自分を役立てたいという欲求です。

ブチオ
ブチオ

世の為、人の為とういう考えですね。

ビジネスシーンでは

ビジネスシーンでは、所属良好な人間関係承認が非常に重要になってきます。
5段階欲求でいうと「愛と所属の欲求」「承認欲求」を満たすことです。

欲求を満たすために満足のいくサポートができているか、組織として確認する必要があるでしょう。
これらの欲求が満たされていると、人はさらに上の自己実現に向かっていき、組織は成長していくでしょう。

キャリアコンサルタントとしての活用

キャリアコンサルタントとして、欲求5段階説を「働くこと」に当てはめて考えてみます。

生理的欲求
・生きるために、仕事がしたい

安全の欲求
・安定した収入を得れる会社で働きたい

愛と所属の欲求
・会社内でチームに所属したい
・良好な人間関係の中で働きたい

承認欲求
・仕事内容を他人に認められたい

自己実現欲求
・自分のやりたいことを、仕事で達成したい

キャリアコンサルタントは、相談者はどの段階の欲求が満たされていないのかを、語りの中から推測しなければなりません。

①と②が満たされていないのであれば、すぐにでも就職や転職を支援します。
③や④が満たされていないのであれば、欲求が満たされない理由は何なのかを傾聴し、欲求を満たす為にはどういった支援が良いのかを考える必要があります。

例えば、②収入が安定していて、かつ③人間関係も良好な会社で働いていて、
④上司から認められない不満があった場合、転職を進めるのはNGです。

②と③が満たされているのに、転職によって②や③が満たされなくなる可能性があるからです。低次の欲求を侵してはいけません。
上司から認められないということについて深く傾聴し、相談者の自己理解を進めていくと、おのずと方向性が見えてくるでしょう。

まとめ

・人間の欲求は、5段階のピラミッドになっている。
・低次の欲求が満たされると1段上のより高次の欲求を満たそうとする。
・最終的には自己実現を目指す。
・ビジネスシーンでは「愛と所属の欲求」「承認欲求」を満たす環境を作ることが重要
・キャリアコンサルタントは相談者はどの段階の欲求が満たされていないのかを確認し支援する必要がある。

ブチオ
ブチオ

マズローの欲求5段階説について少しはおわかりいただけたでしょうか。
現在は物質的な低次の欲求は満たされていることが多く、高次の欲求である精神的欲求(所属の欲求・承認欲求)をどう満たすかが重要になります。

タイトルとURLをコピーしました