ぼったくり?派遣料金と派遣スタッフの時給について

派遣の真実

こんにちは、キャリアコンサルタントのブチオです。

派遣元会社の社員として働きたいと考えている方や、派遣のホントのところを知りたいという方からの疑問にお答えします。

派遣料金と派遣スタッフの時給は

皆さんが一番知りたい点ですよね。

ズバリ!
派遣料金が2,000円なら、派遣スタッフの時給は1,400~1,500円です。
派遣スタッフさんへの時給は、おおよそ派遣料金の70~75%になります。
(通勤費なしの場合)

ブチオ
ブチオ

派遣料金とは、派遣先から派遣元に支払われる1時間あたりの料金です。よく、派遣料とか単金とか言われています。

いわゆる、一般的な派遣会社のマージン率は30~25%になります。

ブチオ
ブチオ

マージン率は派遣料金あたりの派遣会社の取り分になります。

なぜ、派遣会社は25~30%もマージンを取っているのか

マージン率を見ると、派遣会社は何でこんなにピンハネしてるの!!
儲けすぎじゃない?っと思われると思います。

しかし、本当のところはそんなに儲けはありません。

マージン額(派遣料金が2,000円なら500~600円がマージン額)は以下のような費用として使われていて、マージン率が25~30%というのは正常な数値なのです。

・社会保険料
 (厚生年金、健康保険は会社が保険料を折半しています。給与が20万円だと、会社負担分はおおよそ3万円になります)
・有給休暇費用
 (派遣スタッフさんが有給休暇を取得した際の賃金は派遣会社が負担しています)
福利厚生費用
・健康診断費用
・ストレスチェック費用
・教育訓練費用
・派遣会社で働く社員の人件費
・派遣会社のオフィス賃料、運営費等

ブチオ
ブチオ

そうなんです、結構お金がかかるんです・・・

2020年4月からは同一労働同一賃金が組み込まれた派遣法がスタートするので、さらに費用がかかります。(この件は別の機会に・・・)

派遣会社の儲けは少ない

結果的には派遣会社の利益は1.5%ほどになります。

具体的な金額で見てみると。
派遣料金2,000円の派遣スタッフが1ヵ月(150時間)働いて、
派遣会社の利益は4,500円です。

これを見ていただくと、派遣は薄利多売な事業だということになります。

ブチオ
ブチオ

派遣会社の儲けについて分かって頂けたでしょうか。
ピンハネしすぎではなく、ギリギリのところで頑張っているのです。

まとめ

ぼったくりではない。派遣料金の約70%が派遣スタッフの時給

派遣料金の70%が派遣スタッフの時給ならば、マージン率は30%になります。
これが普通です。ぼったくりではありません。

マージン率が気になる方は、各派遣会社のホームページで公表されているので確認してみてはいかがでしょうか。ホームページを見てもマージン率が公表されていなかったり、問い合わせをしても答えてもらえない場合は、そこの派遣会社に登録するのはお勧めできません。

ブチオ
ブチオ

派遣法でマージン率の公表が義務化されているのに公表できないのは、ぼったくっている会社です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました