あなたの役に立つ、キャリアコンサルティングが必要な5つの理由

キャリアコンサルタント
キャリ美
キャリ美

キャリアコンサルティングって受ける必要ありますか?

ブチオ
ブチオ

受ける必要性ですか?
キャリアコンサルタントの意見としては「受ける必要あり」です。

キャリ美
キャリ美

どうしてですか?

ブチオ
ブチオ

それでは、キャリアコンサルティングを受ける必要性について詳しく説明していきますね。

今回はなぜキャリアコンサルティングが必要なのかについて説明していきます。

世の中は常に変化し、働く人を取り巻く環境は大きく変わってきています。
そのような環境の中でどのようにキャリアを形成していけばいいのでしょうか。

個人を取り巻く環境を確認し、なぜキャリアコンサルティングを受ける必要があるか見ていきます。

こんな環境だからキャリアコンサルティングを受けるべき

キャリアコンサルティングがなぜ必要なのか。それは現在の社会状況が大きく関係してきています。個人を取り巻く環境から、なぜキャリアコンサルティングが必要なのか、5つの理由をみていきます。

企業間競争の激化

内需の停滞による経済のグローバル化、顧客ニーズの急激な変化や、商品サイクルの短縮化に伴う商品開発の激化。このような経済の波を乗り切れなかった企業はどんどん淘汰されていきます。大企業といえども、倒産のリスクは避けることはできなくなっていて、誰しも突然職を失ったり転身を迫られる事態が起っています。社会に振り回されないようにキャリアコンサルティングを受けて、自分自身の長所や弱点を知り、社会で生き残る力をつける必要があります。

ブチオ
ブチオ

大企業のシャープや東芝なども例外ではありません

AIの台頭により仕事が奪われる

AIの処理能力と人間の処理能力を比較すると、AIの方が圧倒的に高いです。
人間が処理をするよりもAIの方がスピードがあり、正確性もあります。
今後、事務処理はAIに置き換わっていくのは確実です。そうなると、事務処理で職業能力(キャリア)を蓄積してきた人は仕事が無くなり、他の業務への転換を余儀なくされます。AIに仕事を奪われないようにキャリアコンサルティングを受けて、人間にしかできない能力を身に付ける必要があります。例えば、考える力や創造する力、ゼロからイチを生み出す力をつけることです。

ブチオ
ブチオ

大手銀行もAIの導入により事務処理者を削減する方針を出しています。このようなことは、今後ますます加速していくでしょう。

高齢化により職業生涯が長期化

定年退職後の5年・10年・15年・・・働かないで年金だけで生活できるでしょうか。
寿命も延び、生活していくためにはお金が必要です。
その為には仕事をしていかなければいけません。しかし、60歳を超えると、できる仕事もある程度絞られてきます。キャリアコンサルティングを受けて、何の仕事をするのか、何の仕事ができるのか、定年退職後のキャリアについて早い段階で考える必要があります。

ブチオ
ブチオ

定年後に何の仕事をするのか。より良い職業人生にするためには定年後の仕事の選択が重要です。

キャリアにも個性・多様化が求められる

高付加価値化により、職業能力にも専門性や、問題発見能力、解決能力が重視されるようになってきました。キャリアコンサルティングを受けて、自分の職業能力の価値に気付き、その価値を伸ばすよう努力する必要性があります。

ブチオ
ブチオ

自身の強みを語れる人、「私にはコレがある」と言える人が
今後必要になってきます。

各年代で抱える課題

新卒で入社したが早期退職や短期就業を繰り返し、職業能力(キャリア)を積み重ねることができなかった20~30代。就職氷河期で就職できず40代に突入したフリーター。親の介護と仕事との両立や、介護離職を余儀なくされた50代。さらに、女性の社会進出やシニアの就業など、各年代で様々な課題があります。課題は各年代で現れます。定期的にキャリアコンサルティングを受けて、課題によってキャリアを足止めされないようにする必要があります。

ブチオ
ブチオ

各年代には様々な課題があり、ある課題を解決しても、年齢を重ねると新たな課題が出てきます。

キャリアを取り巻く環境は不安定

このように社会情勢は急激に変化し続け、キャリアを取り巻く環境は安定していません。
もの凄く不安定です。

一昔前のように入社したら定年まで勤める時代ではなくなりました。
多くの人が職を変え、会社を変え、働いています。
超転職時代です。

ブチオ
ブチオ

不安定な時代を生き抜くにはどうしたらよいのでしょうか。
答えはあります・・・それはキャリアコンサルティングを受けること

こんな時代だからキャリアコンサルタントを受けてみよう

この不安定な世の中では、自身のキャリアを組織まかせや他人まかせにできる状況ではなくなってきました。自身の職業人生をどう設計し、どう実行していくか、そして現状の変化にどう対応していくか、各自で答えを出していかなくてはいけません。

その答えを出す為に、キャリアコンサルティングを受けることが必要になってきています。

ブチオ
ブチオ

自分のキャリアを見つめる意味で、キャリアコンサルティングを受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以下のような環境だからキャリアコンサルティングを受けるべき
①企業間競争の激化
②AIの台頭により仕事が奪われる
③高齢化により職業生涯が長期化
④キャリアにも個性・多様化が求められる
⑤各年代で抱える課題
・キャリアを取り巻く環境はもの凄く不安定
・超転職時代に突入している
・キャリアを組織まかせや他人まかせにできる状況ではなく、自分自身で答えを出していくしかない

いかがでしょうか。キャリアコンサルティングが必要な理由が分かっていただけたでしょうか。時代に流されず、自分自身でキャリアを形成していく。その為にはキャリアコンサルティングを受けることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました