来談者中心療法(ロジャーズ)

キャリアコンサルタント

こんにちは、キャリアコンサルタントのブチオです。

今回はカウンセリング理論の感情的アプローチから、ロジャーズの「来談者中心療法」について説明していきます。

ブチオ
ブチオ

感情的アプローチとはクライアントが持っている感情にフォーカスして支援をすることです。

来談者中心療法

来談者中心療法はアメリカの心理学者ロジャーズ(Rogers,C.R.1902-1987)が提唱した心理療法です。

ロジャーズは「人間は自己成長力を内に秘めていて、自分の問題については自分がよく知っている」と考えています。

ブチオ
ブチオ

問題の答えはクライアント自身の中にあるということです。

カウンセリング方法は知識や技術を一方的に押し付ける「指示的」な方法ではなく、クライアントから話を聴いて、その上で一緒に進んでいく「非指示的」な方法です。

ブチオ
ブチオ

つまり「聞き役」に徹して、しっかり傾聴することです。

クライアントは会話の中で、ありのままの自分に気づき・考え・自分の中で問題を解決しようとします。キャリアコンサルタントはクライアントの自己成長力を信じ、クライアントが自分自身で問題を解決できるよう、しっかり傾聴し、寄り添いながら援助をすることになります。

キャリアコンサルタントに求められる3つの基本的態度

来談者中心療法のポイントは傾聴になります。
傾聴するうえで3つの大切な基本的態度があります。

無条件の肯定的関心

クライアントがどんな人で、どんな話であれ、否定することなく肯定的に受け入れ、関心を持って聴く。

ブチオ
ブチオ

色眼鏡をかけて人を評価しないことです。

共感的理解

クライアントの話を、クライアントの立場に立って、クライアントの気持ちに共感しながら理解しようとする。

ブチオ
ブチオ

あたかも、その人のように理解することです。

キャリアコンサルタントの自己一致

キャリアコンサルタントがクライアントに対しても、自分に対しても真摯な態度であること。話がわかりにくいと感じた時は、正直に分かりにくいことを伝え、真意を確認する。

ブチオ
ブチオ

分からないことをそのままにしておくことは、自己一致に反します。

キャリアコンサルタントとしての活用

来談者中心療法は、聞き役に徹して傾聴することです。

クライアントは話をすることで頭の中が整理されます。

クライアントの力を信じましょう。
一方的に指示を出すのではなく、寄り添いながら一緒に前進していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました